金の買取や売却に備えて知っておきたい基本

金とプラチナ、投資対象としてはどちらがいい?

金の買取や売却に備えて知っておきたい基本のメイン画像

プラチナは金より希少性は高いが市場での価格は右肩下がり。評価が低く、価値や多用性で金が勝っています。

金とプラチナ、投資対象としてはどちらがいい?

金とプラチナはどちらも魅力ある貴金属ですが、大事なのは市場の評価と実際の価格トレンド。

現状では金以外に有望な鉱物資源はありません。

◇実物資産としてはプラチナと競り勝って金が上位に。

金もプラチナも一般市場、あるいは結婚指輪・婚約指輪のブライダル市場では同じように貴金属として扱われています。

またプラチナも金と同様に市場で売買できます。

質屋に持参してもブランドショップに持って行っても、比較的高値で買取してくれるのが金とプラチナです。

しかしプラチナはその昔には金と同等の値をつけて張り合った時期もありましたが、現在では金にトップの座を明け渡し、発掘量の約半分が工業用に使われるようになりました。

◇金より希少性は高くても価値は低位で右肩下がり。

プラチナは、世界の総在庫量がわずか5000トン程度で、この総量からとするとプラチナは金より希少価値が高いと言えます。

しかし先にお話ししたような経緯や、金の流動性・多用性に押され、現実には市場での存在感を薄くしています。

金より下落率が大きく右肩下がりが続いています。

現在では1グラム4,000円ほどの安値で落ち着いています。

◇投資をするならプラチナよりも金を選ぶのが無難。

市場では現物資産としての価値が高く評価されています。

投資価値を比較する場合は、市場での値動きと過去3年程度のトレンド(価格の推移)をベースに判断しましょう。

流動性があり買取や売却などが旺盛な金は、情報も得やすく素人でも安心です。

買取に出す、売却する、結局のところ投資はその繰り返しなので、市場の透明性が高いほうが安全です。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 金の買取や売却に備えて知っておきたい基本>