特殊清掃を依頼しなければならない遺品整理のケース

「遺品整理」の事に関する情報サイトです。
クロスの張り替えや水廻りを掃除するだけでは原状回復できません。死亡したあとの汚れや臭いは専門知識を持っている遺品整理業者に任せましょう。

特殊清掃を依頼しなければならない遺品整理のケース

最近は大家族で生活するスタイルは少なくなり、2世代・3世代が一緒に暮らすケースは少ないです。

そんな中で発生するのが孤独死です。

しばらく死亡されたことが分からないと簡単に遺品整理ができないこともあります。

◎特殊な死亡の場合で特殊清掃が必要なケースとは?

1番目は「血縁者と離れた場所で孤独死をした場合」です。

2番目は「自殺されて発見されるまで時間がかかっている場合」です。

こういった場合には立入ができないケースもあります。

長時間死亡した状態になっていると部屋の中には死臭がこもっているのです。

廃棄物だらけでゴミ屋敷状態の場合もありますし、害虫やゴミが腐っている場合は素人が簡単に片付けることはできません。

ご遺体が警察によって運び出されたあとの部屋を掃除して消毒・消臭をしてくれる遺品整理業者に依頼するしか方法がありません。

◎特殊清掃はハウスクリーニングとどこが違うの?

事件性があったり、自殺・突然死の場合は故人のお住まいは見るも無惨な状況でしょう。

独特に臭いや滲みを取りのぞく必要もあります。

オゾン脱臭など特別な技術も必要です。

通常のハウスクリーニングでは対応できません。

クロスの張り替えや水廻りを掃除するだけでは原状回復できないからです。

死亡したあとの汚れや臭いは専門知識を持っている遺品整理業者に任せましょう。

病死・事故死など原因が明確でない死亡例は事件性もあります。

すぐに警察に届けることが大事で、掃除をすると証拠隠滅の疑いをかけられる可能性もあります。