リーマン・ショックのとき、金は大暴落したのでは?

リーマン・ショックでは、その影響で日本の大手証券会社が廃業に追い込まれ、中小の企業が倒産しました。

果たしてその時の金相場はどうだったのでしょう。

【関連ニュース】リーマンショックから10年、なぜ対岸の火事だった日本株が暴落したのか

◇証券不審!毒まんじゅうを食わされるのは誰だ。

リーマン・ショックは、当事国のアメリカはもちろん、アジア、ヨーロッパ、そして中東諸国にまで甚大な被害を与えてしまいました。

分かりやすく言えば投資商品の中にブラック企業の証券を忍ばせて大量に販売してしまったのがリーマンブラザースという投資会社。

世界有数の会社だっただけにその商品の売上高は桁外れで、その分、購入者が負ったキズも桁外れでした。

ブラック企業の債権は毒まんじゅうと言われ恐れられました。

◇暴落したのは株価。

逆に急騰したのは金の相場。

しかしあの当時、大暴落したのは金ではなく株価でした。

一時的に金相場も影響を受けましたが、数日して勢いを取り戻し、金の買取価格は前日の実勢取引価格を更新~。

この事例は、金の強さと性格を如実に表しています。

つまり保有している株が暴落すると悟った投資家が一斉に持ち株を売り、金の買取を始めたのです。

その結果、当時の金は急騰し、株は暴落をつづけました。

◇昔から金は有事に強いと言われていますが、リーマン事件はそれを裏付けています。

金は有事のシェルターなのです。

株が大暴落して金が急騰。

いち早くそれを読み取った個人投資家は、金を大量に買取ることで億万長者になった人もいます。

金はこのようにポートフォリオとしての受け皿でもあるので、有事のときには逆に有利に作用します。

それほど危険な投資商品ではありません。

金は取り扱う業者によって価格が違うってホント?

金ならどこで買取してもらっても同じ~。

まさかそんなふうに思っている人はいませんか。

投資家としては失格。

業者ごとにマチマチであることを肝に銘じましょう。

◇「今日の金相場」は単なる目安でしかない。

株式市場と金の市場のもっとも大きな違いは、金は買取に出す業者によって価格がマチマチであるという点です。

もちろん金の今日の相場は店頭に掲示されていますが、業者に言わせると「アレは単なる目安」。

株式市場のように株価を単純にかけ算することで売買価格が決まるものではありません。

◇業者の質を下調べしてから訪問する習慣を。

本来金の価格は、純度(金が含まれる比重)と重さで決まりますが、買取する会社によって仕入れ値・出し値が異なります。

つまりブラックボックスであり、それが第1の謎になっています。

第2の謎は手数料です。

これもマチマチなので、買取価格の1割以上を平気で上乗せしてくる業者もあります。

たとえば仕入れまでに複数の中間業者を経由している場合、間借りしている場合、社名やブランド名を借りている場合、フランチャイズの場合などです。

◇1つの買取店に行って即決してしまうのはズブの素人。

手間はかかっても3店舗は回って、それから決めましょう。

金はオープン市場のようにみえますが、実際は不透明なところが多く、宣伝で言っている買取価格と違う場合さえあります。

投資の最初の段階で安く買取されてしまっては意味がありません。

投資家として業界を勉強し毅然とした態度で臨みましょう。

店を回った分だけ業界に詳しくなれます。