うつ病は食生活から改善!効果あり食材紹介

うつ病治療中、心がけたい生活習慣等があるように、食事にも色々と回復の手助けとなるものがあるようです。

そこで、治療期間中に摂取したい食材と栄養素について考えてみたいと思います。

うつ病と食事の関係

うつ病と食生活は深い関係があるとされていて、規則正しい生活と共に食生活の改善はうつ病完治に繋がる重要なポイントになっています。

特に高齢者のうつ病には自然食品での改善を目指している事が多いです。

何故なら高齢のうつ病患者の場合、その年齢故に別の病気で薬を飲んでる可能性があり、また投薬治療だと副作用が大きく出てしまう事があります。

そのため、食事での治療を勧められるのです。

うつ病治療に効果がある食材

うつ病治療に欠かせないのは「セロトニン」を増やすことです。

セロトニンは人間の精神面に大きな影響与える物質で有り、精神面だけではなく心身の安定や心の安らぎなどにも影響を与えるため、別名「幸せホルモン」とも呼ばれます。

セロトニンが不足すると、うつ病に陥りやすいと言われています。

そのセロトニンを増やすためには「トリプトファン」という成分がある食材を摂取する事が重要です。

【セロトニンを増やす食材】

・納豆
・ナッツ類(アーモンド・ピーナッツ)
・バナナ
・卵
・乳製品(ヨーグルト・チーズ・牛乳)
・大豆製品(しょうゆ・味噌・豆腐)
・肉類(豚肉、鶏肉、赤身肉)
・キノコ類
・魚(マグロ・カツオ)
・緑黄色野菜

うつ病患者に好ましいのは「和食」「地中海式食事」などです。

地中海式食事は野菜とオリーブオイルが中心で、野菜と果物の摂取が多く、タンパク質は控えめに、少量から中等量のワインを食事と一緒に飲む等の食事法なので効果があるとされています。

トリプトファンは体内で作れないので先にあげた食材をなるべく毎日食べて摂取するのが大事です。

ですが、同じものばかり食べるのも健康上良くないのでバランス良く摂取するようにしましょう。

あまり摂取に好ましくない食事

加工製品の過剰摂取(ハム・ソーセージ・ポテトチップス・お菓子など)食欲がなく、簡単な物を食べてしまうがそれがうつ病悪化に繋がる恐れあります。

食事を抜く事は尤も避けたい事です。

特に朝食。

吸収効果が高い朝こそ食事をするように心がけましょう。

治療中の食欲不振のときにはどうするべきか?

最初は無理に食べる必要は無く、少しずつ挑戦していきましょう。

食べ物は食べやすいものを(バナナ・ヨーグルト・ピーナッツなど)中心に、栄養補助食品(ドリンク・ゼリーなど)を摂取するのがいいでしょう。

これらの事を念頭に置きながら無理をせず、少しずつでも食べる事がうつ病回復への近道なのです。

色々と工夫しながら食べるのも楽しいですよ。