うつ病治療期間中に服用する薬とその治療法

うつ病を発症し専門医にかかった場合、実際のうつ治療はどのようなことが行われるのでしょうか?今回はその治療法と実体験をご紹介します。

主な治療法は投薬治療と精神療法

うつ治療の中で尤もよく行われるのは薬物での治療です。

用いられる薬物には以下の種類があります。

抗うつ剤

病気の原因の脳内神経伝達物質のバランスを正常に戻す

副作用:不安・不眠・消化管の荒れ・頭痛・食欲不振・眠気

抗不安薬

うつ病の症状の不安や焦燥を押さえる

副作用:ふらつき・眠気・脱力感

睡眠薬なかなか眠れないときのための薬

副作用:翌日の眠気・ふらつき・脱力感

※抗うつ剤は服用して効果が出るまで一週間程時間がかかります。

しかし、副作用は服用直後に現れるという特徴がある為、効果が表れないのにきつい副作用先に出るので不安になって服用をためらう人も多いのが現状です。

効果は後から出てくるという事をしっかりと頭に入れて、辛くても飲み続ける必要があります。

休養を取る

薬物療法の他に有効なのはとにかく休養をとることです。

特にストレスの元になっている仕事等から一時的に距離を置く事が大事なので、休職も立派な治療法なのです。

ストレスの元が仕事以外の家庭の事だったり、外部に仕事にでているのではなく、自営業の場合は入院という選択もあります。

※通常は「薬物+休養」の組み合わせでの治療が主になります。

その他には

精神療法

認知行動療法(言葉の受け取り方・現実の受け取り方などゆがんだ認識を変える治療法)

磁気刺激療法

これらの治療を行い、少し気分が良くなったら無理のない運動をするのが一般的なうつ病治療となります。

私がうつ病になったとき・・・あなた自身がうつ病になったらどうする?

最後に私の事をお話しします。

会社での仕事のストレスで体調を崩し、病院でうつ病と診断され、その後働きながら治療を続けたものの一向に回復せず、休養を取らざるを得なくなり8ヶ月の休暇を取りました。

その際に薬物治療と休養で回復し、無事寛解となりました。

この経験から分かった事は自分が人によっては長くかかるうつ状態から比較的早く回復出来たのは、もともとが「軽度のうつ病」だった事と、症状が重くなる前に病院へ行った事が「早期発見」に繋がった事。

そして寛解と診断された後も一定期間薬を飲み続けた(「再発防止」が出来た)事だと思います。

今は社会復帰できており、周りの人の理解もって前よりは無理をせずに仕事ができる環境になりました。

もうすぐ復職から4ヶ月、今の環境にも大分慣れてきたのですが、時たま気持ちが憂鬱になる時があります。

うつ病になってからというもの「いつまでも病気と思っててはいけない」と思うようになってしまい、それが自分を縛ってストレスになっていた事も分かったので、今は深く考えずに、あるがままを受け入れるようにしています。

そのお蔭かどうかわかりませんが、気持ちが大分楽になり落ち込む事も少なくなりました。

今はこの状態をいかに維持するかを第一に考え、ゆったりした気持ちで過ごして行こうと思っています。

うつ病は、心の病です。

薬の力と自分の考え方を変える事で「回復できる」ものなのです。

正しい知識を持って治療に当たれば必ず良い方向へ向かう事ができます。

大事なのは早期発見です。

少しでも体に異変を感じたら、辛い、無理だな、と心が悲鳴を上げたら、迷わず病院に行く事をお勧めします。