遺品整理をする品物と遺品整理ができにくい時代になっていること

「遺品整理」の事に関する情報サイトです。
ライフスタイルも共働きが珍しくないですし、社会生活の根幹が昔とは違うのです。家族が遺品整理をすることが難しくなっているのです。

遺品整理をする品物と遺品整理ができにくい時代になっていること

遺品整理を簡単に言いますと、他界された身内が残した品物を残された遺族が故人の代わりに整理することです。

遺品整理をする場面はそれほど多くありませんが、一回も経験した事が無い、という人生を送る人は稀です。

実際に直面してみないとわからない、遺品整理の今についてまとめておきましょう。

◎遺品整理をする物とは?

遺品整理の対象になる品物は個人の自宅や部屋の残されている身の回りの品物です。

例えば、現金・有価証券・洋服・貴金属類・本・日記・写真・生活家電・家具類・食器類などです。

このように例示しても、相当数があります。

昭和の時代にはお住まいの地域によっては「形見分け」のような風習もありましたが、これは親族で遺品を整理して取り分けていたのです。

けれども現代社会はすでに大家族制ではありません。

複数の世代が一緒に暮らすようなことは少ないです。

◎遺品整理をすることが難しくなっている現実

昨今、家族が遺品整理をすることが難しくなっています。

核家族が進んでいますし、離婚する人も少なくありません。

ライフスタイルも共働きが珍しくないですし、社会生活の根幹が昔とは違うのです。

また、独居老人も増えており都市部ではマンション住まいをする場合も多いです。

ご近所でのコミュニケーションも不足しています。

突然死・孤独死の問題もあります。

こういった時代背景もあり遺品整理業者のニーズが拡大しています。